シャキットⅢ

この製品について問い合わせる

次回展示会情報EXHIBITION

  • 現在展示会情報はありません。

FUJIKIKO

シャーリング加工後などのバリ取りが簡単、きれいに。 キャスター付きで移動も楽なコンパクトバリ取り機。

エンドレス研磨ベルトを上下で使用するため
滑らかな仕上がり、両面同時仕上げが可能。
ステンレスなど、表面を傷つけず端面のみのバリを取りたいお仕事におすすめ。

製品の特徴

  • 板金端面バリ取り機
  • 搬送時は樹脂製ベルトの採用により、ワークに有害なキズがつきにくい
  • 端面のバリを上下同時に取ります
  • 板厚調整不要(独立スプリングサポート機構)
  • 研磨ベルトの交換はワンタッチ
  • 無段送り速度調整機構
  • コンベアベルトに乗せるだけ、連続作業もOK
  • コンベアベルトなので小さいワークに対応できます

製品の仕様

型式 SKⅢ ベルトタイプ
コンベアスピード 1~17m/min 50Hz
1~20m/min 60Hz
コンベア幅 板押えベルト幅60mm・下部ベルト幅186mm
適合ワーク 板寸:30×30mm
(参考値) 板厚:最小0,5mm 最大:3,2mm
パスライン高さ 757mm
研磨ベルト 76mm×533mm【1周】
研磨ベルトモーター 150W 3200r.p.m 【2台使用】
電源 AC:100V
重量 約130kg

製品の動画

この製品に関するお問い合わせCONTACT

お見積り依頼、サンプル加工加工のご相談、製品カタログのダウンロードはこちらから

042-560-7871

電話受付時間
平日AM 8:30~PM 17:25

次回展示会情報EXHIBITION

  • 現在展示会情報はありません。

関連製品を見る

カタログあり

動画カタログあり

ツインバリトール

レーザーやタレパン等で加工された材料のバリ取りに最適なバリ取り機。
きれいな表面仕上げにより、材料のキズ隠しや、仕上げ加工として使用されるお客様も多くいらっしゃいます。

バリ取り機

ワークを傷付けずにバリが取れるので表面処理鋼板に最適。
バリを削らず潰して取るので、工場がクリーン、低ランニングコスト。

カタログあり

トリプルバリトール

レーザやタレパン等で加工された材料のバリ取りに最適なバリ取り機です。
きれいな表面仕上げにより、材料のキズ隠しや、仕上げ加工として使用されるお客様も多くいらっしゃいます。

カテゴリーから金型を探すCATEGORY

加工する材料から探すMATERIAL

加工する内容から探すPROCESS

お問い合わせCONTACT

お見積り依頼、サンプル加工のご相談、製品カタログのダウンロードはこちらから

電話受付時間 平日AM 8:30~PM 17:25

次回展示会情報EXHIBITION

  • 現在展示会情報はありません。

製品案内

材料から選ぶ

加工内容から選ぶ