コーナーカット150Ⅱ

この製品について問い合わせる

次回展示会情報EXHIBITION

富士機工アイデア金型

プレスで押すだけ 誰でも簡単きれいに、150×150までの大きな切り欠き加工ができます

クリアランス変更(0.1mm~0.6mm)はレバー操作でワンタッチ切替
板押さえ(ウレタン製着脱自在)付きで材料のソリ、曲がりを防止

製品の特徴

  • 150×150のV90°切り欠き型
  • レバー操作でクリアランス調整自由自在(0.1mm~0.6mmまで変更可能)
  • 板押え付き(ウレタン製着脱自在)
  • スケール150mm 微調整ツマミ式ストッパー付き
  • 標準シャー角1.5°

 

 


 

 

[ t=6.0 以上の加工をしたい場合は、厚板用『厚板コーナー150』を紹介]

製品の仕様

オープンハイト 200
シャットハイト 189
ダイハイト 80
最大加工板厚 6.0
kg 50
シャー角 1.5°
切りカス
パンチ材質 SKD
ダイ材質 SKD

製品の動画

この製品に関するお問い合わせCONTACT

お見積り依頼、サンプル加工のご相談、製品カタログのダウンロードはこちらから

042-560-7871

電話受付時間
平日AM 8:30~PM 17:25

次回展示会情報EXHIBITION

関連製品を見る

カタログあり

動画カタログあり

丸棒カットI

プレス機での切断のため、疲れも無く、作業時間の大幅削減が可能。
シャーリング切断(切りカスなし)とカット切断(切りカス有り)の2種類の切断が可能。
φ16以上の径の切断を希望の方は『丸棒カットⅡ』をご覧ください。

カタログあり

チャンネルホルダー

最大加工寸法は板厚t=9×φ30まで。丸以外の小判、角、異形の穴抜きも加工可能。
ダイホルダーの交換によりチャンネルのフランジ面、ウェブ面、双方の穴明けに対応。

カタログあり

動画カタログあり

チャンネル端欠きZ

【溶接前工程加工金型シリーズ】
チャンネルを金型で切り欠くことにより、溶断に比べて圧倒的に加工時間を短縮。

カテゴリーから金型を探すCATEGORY

加工する材料から探すMATERIAL

加工する内容から探すPROCESS

お問い合わせCONTACT

お見積り依頼、サンプル加工のご相談、製品カタログのダウンロードはこちらから

電話受付時間 平日AM 8:30~PM 17:25

次回展示会情報EXHIBITION

製品案内

材料から選ぶ

加工内容から選ぶ